天童市美術館

展覧会 詳細

生誕100年記念 佐藤助雄彫刻展

開催期間: 2020年08月20日(木) 2020年09月22日(火)

佐藤助雄は1919年、山形市長町の仏像制作を営む家に生まれました。助雄は父の仕事を手伝いながら木彫に親しみ、1936年に上京して後藤良の内弟子となり、
木彫を本格的に学び始めました。1939年の日本美術協会展に≪ことり≫を出品し、銅賞を受賞。1954年頃から北村西望、富永直樹に師事し、さらなる研鑽をはかりました。
1955年、56年と連続して木彫作品で日展特選を受賞後、塑像作品を発表するようになります。1976年日展文部大臣賞受賞、1980年には昨年発表した≪振向く≫が日本芸術院賞を受賞します。
助雄の作品は人の動作の一瞬を切り取り、伸びやかな所作とそれが作り出す詩的な印象が高い評価を得ました。また、作品の表情は穏やかで優しさに溢れており、見る人の心を惹きつけました。
本展では昨年生誕100年を迎えた佐藤助雄の作品を展示し、助雄の彫刻史を振り返ります。併せて助雄の長男である日本画家・佐藤良助の作品も公開します。

【開館時間】:9:30~18:00 (最終入館は17:30まで)
       毎週月曜日休館(ただし9月21日は開館)
【 入 館 料 】:一般420円(340円) 高大生210円(170円) 小中学生100円(80円)
      ( )内は20名以上の団体料金。
       身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳及び療育手帳を提示された方は表示料金
       の半額。(同伴の介護者は無料)
【主  催】:天童市、公益財団法人天童市文化・スポーツ振興事業団
【共  催】:天童市教育委員会
【協  力】:佐藤記念館

展覧会一覧へ戻るトップページへ戻る

ページトップへ